So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

支援教材の実践例 算数「10の補数マスターカードゲーム」(再追記) [算数の学習支援]

10の補数.JPG

 

  繰り上がり、繰り下がりの計算が苦手な子は、10の補数に習熟していないという研究があるようです。そこで、算数の苦手意識が強い子用に、ゲームを考えてみました。

 

 10の補数(足したら10になる組み合わせ)を、神経衰弱でマスターします。1~10の数字が書かれた赤と青のカードを別々にシャッフルし、場所を分けて裏にして並べます。そして、青と赤と合わせると10になるような組み合わせで取れるように、神経衰弱で遊んでいきます。10の補数が自信がない子には、「10をつくろう」の表を渡します。勝ち負けが苦手な子には、カードの色をそろえれば、ババヌキにして遊ぶのもいいですね。ババヌキは負けることに慣れるのに、ハードルが低いゲームで、SST的要素があると思います。


 <追記>

 先日、このカードの裏に、生徒の好きなキャラクターの写真(仮面ライダービルド)をはったところ、たちどころに覚えてしまいました。例えば、8と2のカードの裏には、仮面ライダービルド、7と3のカードの裏には仮面ライダークローズという感じです。感情と記憶の脳番地は近く、連動していると言われるので、こういった小技で脳を刺激するのも有効です。

    <お問い合わせ先>   横浜市栄区上郷町1367  045-390-0880

                yf388755@rc4.so-net.ne.jp

            

            

                                 上郷個別教室GIFT 内田雄二



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0