So-net無料ブログ作成

特別支援教育支援員講座(第3回)に参加(前半紹介) [研修レポ]

特別支援教育支援員講座(第3回)に参加しました。<横浜市教育委員会主催> 平成28年9月28日

 以下は研修前半の大項目と、私が気になったトピックです。 

 講師 : 横浜市教育委員会 特別支援教育相談課 主任指導主事 杉山明 先生

<テーマ1> 弱視・難聴・言語障害のある子どもの理解と支援

 視覚障害(全盲、弱視、視力、視野欠損、眼振、白濁)

  ◆学校生活での困難さ

   〇視覚情報の取入れの困難

   〇顔が判別できにくく、服装で識別する人が多い(体操着になると分からなくなる)

   〇場所や状況に合わせた行動ができにくい、初めての場所への不安感 

  ◆配慮事項

   〇傾斜机、拡大教科書、単眼鏡 

   〇どこかに移動するときに引っ張られるのはこわい(支援者に触れてもらって誘導が良い)

   〇字体は丸ゴシック、26ポイント。行間を開ける。図などの輪郭ははっきりしたもの。

    黒地に白文字が見えやすい 

 <テーマ2> 聴覚障害(伝音難聴、感音難聴、混合性難聴)

  ◆学校生活の困難さ

   〇聴覚情報の取入れの困難

     特に複数の人数での話し合いは、唇を読めないので困難

   〇コミュニケーションが取りづらい → そこから生じるメンタル状の問題

      <例>聞き返されると委縮する、聞き返すのが怖い 

  ◆配慮事項

   〇補聴器 〇教室環境の整備(視覚的なてがかり)

   〇ノートテイク(まわりがノートを見せてあげる、またはそのような支援のボランティアなど) 

<テーマ3> 言語障害(構音障害・吃音) 

 構音障害・・・話し言葉の中の特定の音が正しく発音できない、音の誤りが一貫、明瞭度の低下

 吃音・・・連発(ことばが続けて出てしまう) 伸発(ことばが伸びてしまう) 難発(ことばが出ない)

  ◆学校生活での困難さ

   コミュニケーションの困難さ → 自己肯定感の低下

  ◆配慮事項    

    〇話しやすい雰囲気づくり(昔は矯正が中心だったが、今はメンタルとSSTが中心)

   〇発語のない子には、講師の経験上、YES、NOよりも、どちらがいいか行動を選択できるようにする方が良い 

 研修全般としては「~障害の子に関わるではなく、~障害を持つ~君(さん)と関わる」のが大事という、講師の方の言葉が胸に響きました。 また、上郷個別教室GIFTでも、傾斜机を取り入れていこうと思います。

<参考>

 紹介にはありませんでしたが、音声教科書というサポートもあります。NPO法人エッジのホームページをご覧になると利用の申請方法を知ることができます。 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。