So-net無料ブログ作成

ごっこ遊びが「メタコミュニケーション」を育てる [教育の小ネタ]

<ごっこ遊びがメタコミュニケーションを育てる>

 私の娘が幼稚園の年少の頃から、お友達と「ごっこ遊び」をやっていました。ちなみに娘が好きなのはプリキュアごっこです。さて、放送大学の発達心理学で、ごっこ遊びの教育効果の高さ、特にメタコミュニケーションを育てる遊びであると紹介されていました。メタコミュニケーションとは、コミュニケーションをするためのコミュニケーションのことです。

 ごっこ遊びを成り立たせるためには①お互いに枠組みを設定し、その世界観を共有しなければならない ②枠組みに従った発話が必要 ③また、よりよく遊ぶ(よりよいコミュニケーションの方法を考える)ために、新たな枠組みを設定する発話が生まれる、つまりコミュニケーション能力を総合的に高めるとのことです。ごっこ遊びを成り立たせ、より楽しむために、自然と、メタコミュニケーションを発揮することになるのですね。ごっこ遊びはなんと、高度で、奥深い遊びなのでしょうか!

 私の娘は一人っ子なので、お友達とのそんな場面が本当に貴重に思えます。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。