So-net無料ブログ作成
検索選択
算数の学習支援 ブログトップ
前の10件 | -

数の表し方の仕組み(算数2年) [算数の学習支援]

数の表し方の仕組み.JPG


以前、紹介しました大きい数の表し方の応用版です。実際の勉強では、本物のお金を使いました。

この表を使って数の読み方を練習した後、お金を写真のように置いてもらいました。

数字の表のケタのところに、お金を置くと、数字の意味も分かりやすく、理解が進みました。

この子の場合、468まで、ヨンヒャクロクジュウハチ と読めましたが、千の位をたすと、

ニセン ヨンロクハチ のように混乱がありました。お金を置いて、イメージしながら読む

練習をすると混乱は収まりました。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実例 算数の実践例 九九ゲーム [算数の学習支援]

<九九の学習が進まない子の支援例> 九九ゲーム


九九ゲーム.JPG 


  九九がどうしても覚えられない、そのため意欲も低下している子の支援策として、九九をゲームで覚えるという方法を取りました。ゲームは九九の式と、答えを対にしたカードを作成し、ババ抜きの要領で遊ぶというものです。また、特色として九九を全部覚えるのをやめ、×2、×5、×8のみ覚えることにしました。負担を減らすためです。それをもとに、前後を割り出す作戦です。


<学習の手順>


①九九ゲームで、楽しく遊ぶ(目安は九九の段は3種類ぐらい)


②遊んだ範囲の九九をどれぐらい覚えているか、式と答えを線で結ぶ確認問題をする


③②が慣れたようなら、専用のシートを使って、×2、×5、×8から残りの九九を割り出す練習をする


 この方法で、かけ算の学習が進み始め、現在、2~4の段まで覚えることができました。 


お問い合わせはこちらまで


 上郷個別教室  内田雄二


   yf388755@rc4.so-net.ne.jp


 


 <参考>


 ゲームは学習に有効と考えています。好きなことは覚えるけど、苦手意識があるものはなかなか覚えられないことは誰にでもありますよね。また、強く感情が動いた事柄はいつまでも忘れないものです。これには理由があるようです。


 感情系脳番地は海馬を含む記憶系脳番地のすぐそばにあり、脳科学的にも感情と記憶は連動するようです(脳の教科書より)。ゲームは感情系脳番地の刺激を狙ったものです。実際に、以前、足し算が指を折らないと数えるのが難しい子がいたのですが、友達とトランプをやった時に、勝ちたい気持ちから、何と足し算を暗算でやってのけたことを目の当たりにしたことがあります。まだ人間の脳には隠された力が潜んでいると感じています。 


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

くるくる九九(算数の学習支援) [算数の学習支援]

くるくる九九.JPG


九九を覚えるための道具の一つです。表が、九九の式と、唱え方が、答えの部分だけ空欄になっています。裏は表と同じものに答えがのっています。これを、表を見ながら読んでいき、分からなくなったら「くるりん」と裏返して確認します。確認方法が手軽なので、反復練習に向いています。実際には、九九の他のゲームと併用して使っています。












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

繰り下がり引き算買い物ゲーム(算数の学習支援) [算数の学習支援]


繰り下がり買い物ゲーム.JPG


繰り下がりの引き算の練習をするために、ゲームを作ってみました。教科書の文章題にも対応しています。

<ゲーム内容> 予算内でおつりをなるべく少なくなるように、上手に買い物をした人が勝ちというゲーム

やり方

  ①裏返した、お財布カードを引いてもらいます。それがプレイヤーの予算です。

  ②プレイヤーどうしジャンケンをし、勝った人から、商品カードを1枚とります。1枚とったら、必ず筆算の引き算を行い、財布の残りの金額がいくらか確かめてもらいます。

  ③もうこれ以上買い物ができないとなった時に、おつりの金額をくらべ、一番少ない人が勝ちです。

<このゲームで学べること>

  〇筆算の繰り下がり引き算を覚えたての子が対象です。実際の生活の場でどのように使えるか実感できます。

  〇ゲームではなるべく繰り下がりが起きるように値段設定していますが、繰り下がりがないケースも生じます。その時に、きちんと適応した手順の引き算ができるか確認できます。よく内容を理解していない子は、何でも繰り下がりの手続きをしてしまうことがあります。

 〇ゲームに慣れたら、ゲームの内容を文章題にして出してあげると良いでしょう。


ブログでご紹介した、筆算の繰り下がり引き算の、支援教具と組み合わせて使うとより効果的です。



         上郷個別教室GIFT 内田雄二


         お問い合わせはこちらまで!

              yf388755@rc4.so-net.ne.jp







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

引き算繰り下がりが覚えられる支援教具(算数の学習支援) [算数の学習支援]

繰り下がりマスク.JPG


 引き算の繰り下がりの手順を、覚えるのが苦手な子のための支援教具としてマスキングを作成しました。マスキングとは、余計な情報を見せないことで混乱を防ぎ、なおかつ、手順に導くツールです。視覚情報に混乱しがちな子には特に有効です・GIFTでは良く使います。

では、マスキングを使って計算してみます。

(1)例題(専用テンプレートを使用)

繰り下がりマスク①.JPG


(2)マスキング①をかぶせる

繰り下がりマスク②.JPG


(2)以下のように記入する

繰り下がりマスク③.JPG


(3)マスキング②をかぶせて、計算

繰り下がりマスク④.JPG


(4)マスキング③を使って計算

繰り下がりマスク⑤.JPG


(5)マスキングを外すと、次のように出来ている

繰り下がりマスク⑥.JPG


マスキングは子どもが手順を覚えたところから徐々に外していきます。

そんなにかからず、マスキングがなくても計算できるようになります。


 上郷個別教室GIFT 内田雄二


  お問い合わせはこちらまで

    yf388755@rc4.so-net.ne.jp

    




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実践例 算数「10の補数マスターカードゲーム」 [算数の学習支援]

10の補数.JPG
 
  繰り上がり、繰り下がりの計算が苦手な子は、10の補数に習熟していないという研究があるようです。そこで、算数の苦手意識が強い子用に、ゲームを考えてみました。
 
 10の補数(足したら10になる組み合わせ)を、神経衰弱でマスターします。1~10の数字が書かれた赤と青のカードを別々にシャッフルし、場所を分けて裏にして並べます。そして、青と赤と合わせると10になるような組み合わせで取れるように、神経衰弱で遊んでいきます。10の補数が自信がない子には、「10をつくろう」の表を渡します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

多機能数字カードセット(算数学習支援)といろんな使い方 [算数の学習支援]

IMG_6043.JPG


子ども教えるのに使えるツールとして作りました。題して「多機能数字カードセット」。もともとは漢数字と、英数字が一致しない子のために考案したのですが、どうせなら、もう少し機能を持たせてみようと欲張りました。

単純なので、様々なゲームにして教えることもできます。

使い方例>

①英数字と漢数字の対応を覚えたり、表記方法や変換方法を覚える。位も練習できます。

   五千六百三十二 → 5632

②数字の法則性を教える

   法則性のある形に数字を並べる。その時に1か所か2か所、四角のカードを入れて、そこに当てはまる数を

   当てさせる


<子どもが盛り上がるオススメゲーム>


 数字を順番にそろえたら勝ちというゲームです。シャッフルしたカードから4枚ずつ配ります。自分の番が来たら、そして自分の手持ちのカードを1枚捨てて、カードの山から1枚とることで、そろえていきます。四角のカードは好きな数字に変えられます。相手より早く、手持ちのカードを数字順でそろえたら勝ちです。慣れてくると、子どもは2か所待ちになるようにそろえていきます。また、四角の部分は、後にXなどの変数の概念を理解するための準備になります。遊んでいる内に数の法則性の理解が苦手な子も敏感になっていきます。枚数を増やして、漢数字だけで遊んでみるのもあり。また、ゴールしたら、手持ちのカードを位のある数字で言わせて見るなどの工夫もできます。

 他にも、交換できる回数を決めて、できるだけ大きい数の並び、または小さい並びをつくるゲームなどもできます。いろいろとアイディアが考えられそうです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実践例22 文章題のイメージ化(算数) [算数の学習支援]

人物カード.JPG


 言葉や文章を、イメージ化するところで、つまづいている子がいます。これは、イメージ化を補う目的で使った教材です。問題は、1年生の算数で、「公園に最初に3人いました。そのあと、4人があたらしく来ましたが、その後、5人帰りました。公園に残っているのは何人でしょう」というような問題です。試した子は、この問題が出来なかった子です。


ベタなやり方ですが、公園の絵を用意し、そこに人物カードを作って、問題に合わせて公園の絵に乗せたり、取り除いたりしました。2回ほど繰り返すと、最初に人物カードを置いただけで、その後の計算もするようになりました。そこで、写真下のカードを使い、式に直す練習をしましたが、こちらはすぐにマスターできました。


結局、計算ができないのではなく、文章がうまくイメージに変換できず、言葉の羅列が目の前を通過していくような感じなのでしょう。このように動きのある絵にしてあげると、あっさり解けたりします。後日、この子に文章題のみ見せて試してみましたが、今度は計算することができました。


イメージ化が苦手な子は、他の問題でも、例えば、「4人に2コずつアメをあげるとします。アメはいくつ必要でしょう」のような問題でも、人の顔の絵を4人分用意してあげるだけでも理解が進むようです。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実践例 20 引き算カードゲーム(算数) [算数の学習支援]

引き算カード.JPG
 
 
<引き算カードゲームを使った支援方法>
 
 引き算が苦手な子ども用に作成しました。一けたの引き算を暗記するための支援教材です。青のカードが式、オレンジのカードが答えと対になっています。これを使って神経衰弱を行います。
①まず、青いカード(2~9の段)の式を使って子どもに解いてもらい、できる問題とできない問題を分けます。
②できないカードのみを使って遊びます。まず、できないカードに対応するオレンジの答えカードをそろえて、神経衰弱を行います。青のカードとオレンジのカードをそれぞれ机の左右に分けてシャッフルして置きます。そして、基本、青の式カードをめくって、その後、オレンジの答えカードをめくり、正しい組み合わせならゲットできます。
※できない問題が多い場合は、とりあえず、2~6の段のみでカードを構成して遊びます。 
 
 GIFTに来ている生徒は、このゲームが大好きです。①の段階では数枚を除いて 引き算の答えを覚えていなかったので、2~6の段で構成して遊びました。3回ぐらい遊んだだけで、その子はほぼ、使った段のカードの7割を覚えてしまいました。子どもは、面白いと思ってくれると超人的な力を発揮します。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実例 算数の実践例 8 アナログ時計の長い針ステップボード [算数の学習支援]

アナログ時計の長い針 ステップボード

 支援教材実践例4の絵カードで、ある程度、時間感覚が出来てきました(カードを見ながら、短い針のセットがほぼできる、一日の流れが順番にはれる。長い針も30分がだいたいセットできるようになったがまだ間違える段階)。そこで、長い針を10分間隔でセットできるよう3ステップのボードを用意し練習することにしました。

<ステップ1> 

時計長い針1.JPG 

 <ステップ2>

 時計長い針2.JPG

 <ステップ3>

時計長い針3.JPG 

 

 

<目標> 長い針を10分間隔でセットできるようにする。まずは時刻を言ったときに、いきなりセットできなくても、10、20、30と数えていけば分かるレベルを目指す。

ポイント> 視覚、触覚、聴覚を使って覚える。そのため、指で動かしたときに大きな声で、10、20・・・と唱えてもらい、自分の声を耳に残す。 

<結果> 最初に長い針の時刻のセットがうまくできていないことを確認後、ステップ1、ステップ2、ステップ3と進みました。15分程度の練習で、ステップ3で時刻を言うことに成功しました。そこで、50分はどこか聞くと、順番に数えて示すことにも成功しました。

しかし、まだ定着していないので、時間が経つと、アナログ時計の5分間隔の表示にまどわされて数えてしまう傾向があります。また、実際に30分と40分とどちらが時刻が後か、などの細かい感覚はまだだと思います。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | - 算数の学習支援 ブログトップ