So-net無料ブログ作成

文章理解が苦手な子のための絵カードと文章分割カード(追記) [国語の学習支援]

文章理解絵カード (著作権保護のため、画像を劣化させています)

 

文章の理解「絵カード」.JPG

 

 文章の理解が苦手な子の教材として作成しました。妖怪ウォッチから、童話など、絵本をスキャンしては作成しています。

 

①まず、物語の登場人物(キャラ)を絵で確認します。

②物語をなるべく短くまとめた文章カード(4枚~8枚)の1枚目を、子どもに黙読してもらいます。

(音読と内容理解の同時処理は、ワーキングメモリが弱い子には苦手なため)

③支援者が同じ文章カードを音読します。その時に、物語に登場人物が出てくるたびに、その人物の絵を指で指してもらいます。

④次に2枚目のカードについて、同様の作業をします。これを4枚目まで行います

⑤今度は、子どもに絵カード(それぞれ文章カードに対応)を渡し、ストーリーの展開順に並べてもらいます

⑥⑤の作業が難しいようであれば、文章カードを提示し、内容を確認しながら、対応する絵カードを組み合わせていきます。

⑦ストーリーの中から、子どもの理解度や語彙力に合わせて、簡単な質問をします。 


 ※教科書からでも作れますが、子どもが好きな話や、マンガから作成すると、取り組みやすいと思います 

 

<追記>

 最近、このトレーニングを集中的に行っている子どもの、文章理解力が伸びています。まず、ストーリーが追えるようになってきました。また、誰のセリフか書いていないものも、文脈から誰のセリフなのかつかめるようになってきました。(以前はセリフの中に出てくる人物名を答えることが多かった)。また、因果関係がつかめるようになるにつれて、少しずつ、登場人物たちの感情をつかめるようになってきました。高度に抽象的なものは難しいですが、~だから悲しかった、などです。 実際に、以前全滅していた、横浜市学力到達度検査の、物語の問題が、解説なしで解けるようになっていたのには感激しました。

 

 

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校