So-net無料ブログ作成
検索選択

おサルな パン工房 21 娘のチョコまるパン [パン]

ラムイチジクレーズンクリームチーズパン.JPG
 
 4歳のパンづくり.jpg
 
 妻のコーナーです。 
  土曜の朝、「明日の朝は何のパンにしょう~」「このまえのパウンドの具材の残り・・・」と言っていたのを娘が聞きつけて、
「いつも私の好きなパンじゃない!」と怒り出しました。すると、「私がチョコパン作るから用意してよ!」と強気の発言。計量から一緒に始めて、こね作業も手馴れてきた・・・とうれしく思い、目を離すと、混ぜ込み用のチョコがお口の中に・・・。
「あ・・・。もう1枚出すか・・・。夜中、冷蔵庫の中で1次発酵。翌朝、ベンチタイムを30分とって成形。2次発酵40℃で20分。焼成 190℃で14~16分。「私が作ったのよ!」と主人に言いながら、娘もおいしく召し上がりました。
 
<材料> 強力粉:160g  塩:小さじ1/2  全粒粉:40g バター:30g 
     ドライイースト:小さじ1と1/4  砂糖:大さじ:1と1/2 ミルクチョコレート:1/2枚
     水:125~135CC
      (私と主人はラム酒付けフルーツクリームチーズ 主人は絶賛) 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

認知作業トレーニングトレーナー養成講座参加 [研修レポ]

認知機能強化トレーニングの体験と認知作業トレーニングトレーナー養成ワークショップ(初級コース)

<主催> コグトレ研究会

講師> 宮口幸治 先生(立命館大学教授)  宮口英樹 先生(広島大学大学院教授)

<感想>

 今まで受けてきた、どの教育講座とも違う、非常に刺激的な講座でした。特別な配慮が必要な子どもの特徴として①認知機能の弱さ②感情統制の弱さ③融通の利かなさ④不適切な自己評価⑤対人スキルの乏しさ+不器用さがあります。五感の情報が歪めば、世界も結果も歪む。そのSSTで扱う社会性以前の部分に、コグトレ機能的アプローチをしていく。例えば感情のブレーキが利かない子には、トレーニングで新しいブレーキを作っていく。模倣ができることと、相手の気持ちがわかる事には関係がある。だから、模倣する能力の土台となる、認知機能をトレーニングで強化していく。そして、このアプローチは知的障害の子にも効果があったこと、少年院での再犯防止のプログラムとして著しい効果があったこと、トレーニング方法もペーパーを使うものから、体を使うものまでいろいろあり、目からウロコでした。この講座を受けて、いつか人は、自分の人生や、能力を自分で思い通りにプロデュースしていくことができる時代が来る、誰も何もあきらめなくてよい、そんな、途方もない夢を抱かせていただけた講座でした。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実例 算数の実践例5 「百玉そろばんを工夫した数の逆唱トレーニング」 [算数の学習支援]

<数の逆唱が苦手な子の、百玉そろばんを工夫したトレーニング

百玉逆唱.JPG 

 10から1までの逆唱はできる(計算では指で数える)が、20から11の逆唱を行うと、順唱とごちゃ混ぜになってしまう子に対して、百玉そろばんを使用したトレーニングを行いました。トレーニングの目的と着眼点は①引き算のひっ算で使う、18までの数に習熟する ②聴覚、視覚、触覚 を融合させて、記憶に残す、です。

<方法>

写真にある、逆唱シートをたよりに、ひとつひとつ、移動させるときに数を声に出しながら練習する。(音声を記憶させるのが目的なので、大きな声で行う)

②習熟度と、本人の励みのために、ストップウォッチでタイムを記録する。新記録樹立を目指す。

③慣れてきたら、逆唱シートを使って1回練習後、逆唱シートをはずしてすぐに2回目を行う(記憶に音声が残っている内に)

④③にも慣れてきたら、逆唱シートを使わずに練習。とまどうようなら、③を行う。これを繰り返す。

<結果>

 週1回10分程度の訓練を行いました。最初は逆唱シートなしでは数えられないことを確認し、シートを使ったところ、14秒で20~11のそろばんを移動できました。2週目は10秒、3週目は7秒を記録し、3週目から、シートをはずしはじめました。結果、4週で、逆唱シートを見ずに数えるのに成功。5週目では逆唱シートを最初から使わずに取り組みましたが、数えることができました。百玉以外でも応用できるか、また一定期間トレーニングをしなくても定着しているかは確認できておりませんが、一応、この方法は有効であったと考えています。

 ちなみに、順唱の訓練でも、百玉そろばんで数えるスピードが半分以下にまで短縮できました。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ユースコーディネーター養成研修 2回目参加 [研修レポ]

<主催> 横浜市青少年育成センター

講師> 横浜市青少年相談センター 相談支援担当係長 畑井田泰司 先生

<内容と感想>

 「ひきこもり・不登校などの青少年の理解と支援」というテーマでの研修であった。一般的な、引きこもり支援の諸段階と、それを踏まえた、青少年相談センターの取り組みなどであった。引きこもり支援の諸段階は次のステップで進んでいく。①出会い・評価の段階②個人的支援の段階③中間的、過渡的な集団との再会段階④社会参加の試行段階。支援には個人療法と家族支援がある。個人療法は基本、ずっと継続して行われるが、この2本の柱のウェイトは各段階、その子の状況で変わる。例えば①の段階では家族支援(個人療法)②の段階では家族療法・個人療法③の段階では個人療法(家族療法)④の段階では集団療法・(個人療法)※<()がつかないものの方が、ウェイトが大きいの意>、のような形である。

 また体制として、青少年相談センターは①~②、地域ユースプラザは③を、地域若者サポートステーションは④を主に担当している。現在、青少年相談センターで抱えている案件は700件あり、職員は17名。そして、家庭訪問は心理教育大学院の学生を登録し、力を借りているとのことである(この部分は、未来の教育者を育てる意味は大きいが、継続支援、保護者支援、経験値としては限界もあるのではないだろうか)。なかなか件数に対し、マンパワーがきついと感じる。私達、民間とも連携して頂ければ、お役に立てる場面も多いのではないかと感じた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

特別支援教育支援員講座(第5回)に参加 [研修レポ]

<主催> 横浜市教育委員会

講師> NPO法人らんふぁんぷらざ 安藤壽子 先生

<内容>

 発達障害全般についてのお話でした。発達障害の定義と、LD、ADHD、ASDの解説。インクルーシブ教育と合理的配慮など。現在、教員免許に最低1単位(7時間)の特別支援教育が設定されるようになったとのことです。(もちろん、この時間数で終えているようなら困りますが(笑))。さて、今回のお話の中で、ADHDの解説がとても分かりやすかったです。

 ADHDは、今は注意欠如、多動症とされ、①不注意②衝動性・多動性、を特性とします。しかし、この場合の不注意とは、普通一般的に使われる意味と、少し異なるようです。この場合の不注意とは(1)選択的注意が難しい(2)自分の興味、関心に反応してしまい、継続的に何かをやり遂げることが難しい(3)行動にまとまりがない(4)注意のエネルギー配分ができない、などだそうです。とくに(4)は例えば私たちが半日、授業を受けるとしたら、集中する時と、あまりしない時と、自分で調整しています。しかし、ADHDの子は、例えば最初に過度に集中し続け、途中から一気に疲れて集中できなくなってしまうことがあります。だから、この子達には、途中で休ませて回復させてあげる必要があるとのことです。 

  また、個人的に私から「発達障害の方に対して、代替手段ではなく、基礎的な能力はトレーニングによって伸びるのか」という質問をしたところ、その人たちのスピードで伸びるという回答を頂きました。また、内容によっては時期を選んだほうが良いトレーニングもあるが、人は一生伸びる、という回答も頂きました。これは、私のように、認知能力のトレーニングに強い関心を持つ者にとっては、有難いお話でした(もちろん、時期や状況を見て、代替手段も導入します)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材13 マンガ同義語カード [国語の学習支援]

マンガ同義語カード.jpg
 
 某出版社で出しているものが、問題形式でなかったので、それを改造して、表裏のカードにしました。表にカードの上部にある同義語を見て、マンガの中の穴抜き漢字を当てるというものです。裏が答えと解説になっています。(掲載は画質をわざと落としています。分かりづらくてすみません。本物は鮮明です)
 
生徒に試しに使ってもらったところ、ひきは抜群。次々とカードをめくっていました。また、マンガ(特にストーリーがあるもの)は楽しく、印象に残りやすいようです。ただ、言葉によっては、やはり解説してあげないと難しいものもありますね。 市販の教材でも、必要に応じて加工することで、より使える支援教材生まれ変わるものがいろいろありそうです。
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

発達障害児地域コーディネーター 第7回講座 参加 [研修レポ]

主催:かながわコミュニティカレッジ

講師:全国女性会館協議会 桜井陽子 先生

<内容>

今回は、このシリーズでは少し異色の「グループの活動力をつける」というテーマでした。内容としてはNPO法人を中心とした話でした。

 NPOは非営利法人と訳されるため、利益をあげない団体と勘違いされる。しかし、持続可能な活動であることが大前提であるため、事業収入を得ることOK、働いて賃金を得ることOK、利益を本来事業に使うことOKとのことでした。ただし、株式会社のように利益を出資者に配当することはできないとのこと。また、面白い資料としては神奈川県のNPO法人の2016年統計で、分野のベスト4は、1位<保健、医療、又は福祉の増進を図る活動>837団体、2位<子どもの健全育成を図る活動>543団体、3位<社会教育の推進を図る活動>374団体は想像つきますが、4位は<各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動>419団体 です。まったく想像していませんでした。※おそらく、各分野に同一法人が重複しています。神奈川県内のNPO法人総数が1482団体なので。

 また、苦言としてNPO団体の多くが、講師の先生によれば、ミッションは立派だが、マネジメントを考えていないとのこと、耳が痛いです。アメリカではNPO法人だけの採用情報誌があるくらいだそうなので、意識、文化ともに未成熟なのかなと思いました。NPOの財源は①会費収入②事業収入③助成金、委託料ですが、民間企業と同じような視点できちんと事業評価をし、活動の持続可能な利益を上げ、ミッションに対して、どこまで達成できたのか、会員、出資者(納税者)に対し、説明責任を取れるようにしなければならないというお話でした。 


タグ:NPO法人
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ユースコーディネーター養成研修 1回目参加 [研修レポ]

子どもを取り巻くリスクを知り支援機関につなぐ>

<主催> 青少年育成センター

<内容> 

 今回の講師の先生は、児童相談所の職員。実際に児童相談所で行われたカンファレンスでの失敗の事例をもとにワークショップを入れながら考える講義でした。

 失敗に共通する重要ポイントは、見えている部分だけで決めつけた判断をし、その状況の背景や経緯を理解しようとしなかったために、かえってサポートしようとした家族を追い詰めてしまったり、対応が手遅れになってしまったパターンでした。

 先生は、いかなる状況もいきなりはやってこない(事件が起きて、報道されるのはここのみ)、必ず、その状況に至るまでの背景があり、理解しなければ対応を間違えると、繰り返し言われました。的確な支援に必要な姿勢は次の3つです。①正確に理解しようとする姿勢(あらゆる可能性を考える)②興味関心をもつ(背景を考える、その人の生活を知る)③わからないことは「教えてもらう」(当事者に)、です。そのうえで、何があればうまくいくのか、何ができるのかを考えることが必要とのことです。また、正しく理解するための視点は、①保護者の状況②子どもの状況③子どもや家庭を取り巻く環境、の3つを把握することです。児童相談所も原則、この3つの視点で情報収集をするそうです。

 また、事例を使ってのワークショップで感じたのは、その状況に至る背景を理解するために、まずは何を知っていて、何を知らないのかの洗い出しが必要と感じました。また、その上で、実際に支援のためのコミュニケーションを行う際には、支援の対象となるご家族に対し、共感的なアプローチを心掛けるべきと感じました。言われることが正論であるほど、人は責められていると感じるものですよね。それにしても児童相談所に、相談の電話が入る時には、かなりの丸投げ(情報収集も含め)でやってくる様子、支援機関につなげる側のモラルについても問われるお話でした。支援者は「つなぐ」と「終わる」を勘違いしないよう、肝に銘じなければいけないと感じました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

れいんぼうずさんの「コミュサポ」に参加しました [ちょっとお茶でも]

 先日、相模原で活動する、れいんぼうずさんが主催する、明星大学の星山麻木先生と学ぶ人間理解講座「こみゅさぽ」に参加しました。

 星山先生の講座に参加するのは縁があって2回目です。「こみゅさぽ」は、星山先生と、参加する、れいんぼうずのお母様方達とのラポールが素晴らしく取れていて、まるで講座というより、楽しい座談会のような雰囲気に感動しました。星山先生は、よく言われるグレーゾーンのような言葉(白と黒、黒が持つマイナスのイメージ)の表現を好まず、様々な特性のある子を虹の色で表現されていました。そして、「不安な心に寄り添うのが本当の支援、他の子に追いつくことがない」という先生の言葉がとても心に沁みました。

 午後は懇親会でしたが、とても明るく開放的な雰囲気でした。そのため、私のような初めて参加の者を含め、参加者が安心して思っていることを話せる雰囲気がありました。結論を出すよりも、楽しみ、元気をもらうためにみなさんが参加しているのが良く分かりました。私は教員出身ですが、れいんぼうずさんみたいな雰囲気の親の会を持つ学校は、たいてい子ども達ものびのびしています。そして、通常問題に発展しそうなことが教員と保護者のパートナーシップの関係の中で良い形で昇華されていくことが多いです。興味のある方は、一度集まりに参加されてはいかがでしょうか。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

視覚認知 5 「ブロックストリング」 両眼視をトレーニング [認知能力トレーニング]

 家庭でもできる簡単な、トレーニングキッドをご紹介。

 ブロックストリングというもので、両眼視をトレーニングするものです。目からまっすぐ前に伸ばし、カラーの指標(ボンボン)を順番に両目で見ていく(5秒ずつぐらい)だけです。これで、片目で見るクセの矯正に役に立ちます。

ブロックストリング.JPG

 ただし、斜視の人や、眼球に特別な事情がある方は、必ず医師に相談の上、行ってください。写真のものはかなり短く作っていますが(GIFTでは2メートルのものも用意している)、スポーツ選手などは5メートルぐらいのものを使って訓練するらしいです。すべて百円均一で作れます。ただ指標どうしの距離は推奨があるようなので、専門家の本(それぞれ若干違う)で調べてみてください。お役に立てば幸いです。

  お問い合わせはこちらまで 他にも感想や、ご家庭で取り組まれている支援方法など、情報提供もうれしいです!

   上郷個別教室GIFT 内田雄二  yf388755@rc4.so-net.ne.jp 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校