So-net無料ブログ作成
検索選択

ジェノグラム(家族図)の練習 [教育の小ネタ]

ジェノグラム(家族図) を書いてみました(架空の設定で)。

ジェノグラム.png 

  先日の研修で少し、ジェノグラムを習ったので、練習に書いてみました。口は男性、〇は女性、=は結婚 ≠は離婚 〒は子ども、支援の対象となる子は◎です。青の囲み(本当は点線で囲む)は同居。すでに死亡している場合は塗りつぶしています。・・・は異性関係、〇の中の△は妊娠です。数字は年齢です。

 今回の例は、まったくの架空です。さて、このジェノグラムから、この架空の家庭の状況が伝われば、成功です。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

発達障がい児地域支援コーディネーター養成講座(第1回 実践編)参加 [研修レポ]

<テーマ> 困難を抱えた子どもたちの支援をコーディネートすることとは 平成28年9月29日

<主催> かながわコミュニティカレッジ

講師> NPO法人びな・パートナーシップ・ひろば 理事長 阿部美和子 先生

<受講した感想>

 楽しい雰囲気で行われる講座でした。一方で、支援者のあるべき姿勢についての話が中心でしたが、大変、耳の痛いご指摘が多々ありました。例えば

〇自分のできるゴールに持っていこうとしていないか

 支援ができないのは能力がないのではない。本当に能力のある人は、自分のキャパを守り、それを超えたところでは、他の人につないでいくことができる。

〇何のために支援するのか、自分の動機は何か

 ●支援者自身の生きがいや自己愛のため ●「支援」することで、支援者が自分探しをしている ●収入のため

 ●支援される側のため

 どれか1つだけに偏っていないか、バランスが大事

〇支援の結果について責任を持てるか.

 これが正解と断定することは難しい。5年後、10年後に当事者(親子)の自己解決能力が高まっているか。

 だから、助言の選択肢は(講師の先生は)、ニーズに応じて、3つは提示できるようにしている。 

その他、ジェノグラム(家族図)を作成することの重要性と書き方の簡単な紹介、ワークショップ(卵をお互いに投げて受け取る)で、ノンバーバルなコミュニケーションで相手と呼吸やしぐさで合わせたり、受け取る側の気持ちになることの体験などがありました。

紹介しきれませんが、第1回は、支援者としての自分と向き合うことになる講座となりました。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

特別支援教育支援員講座(第3回)に参加(前半紹介) [研修レポ]

特別支援教育支援員講座(第3回)に参加しました。<横浜市教育委員会主催> 平成28年9月28日

 以下は研修前半の大項目と、私が気になったトピックです。 

 講師 : 横浜市教育委員会 特別支援教育相談課 主任指導主事 杉山明 先生

<テーマ1> 弱視・難聴・言語障害のある子どもの理解と支援

 視覚障害(全盲、弱視、視力、視野欠損、眼振、白濁)

  ◆学校生活での困難さ

   〇視覚情報の取入れの困難

   〇顔が判別できにくく、服装で識別する人が多い(体操着になると分からなくなる)

   〇場所や状況に合わせた行動ができにくい、初めての場所への不安感 

  ◆配慮事項

   〇傾斜机、拡大教科書、単眼鏡 

   〇どこかに移動するときに引っ張られるのはこわい(支援者に触れてもらって誘導が良い)

   〇字体は丸ゴシック、26ポイント。行間を開ける。図などの輪郭ははっきりしたもの。

    黒地に白文字が見えやすい 

 <テーマ2> 聴覚障害(伝音難聴、感音難聴、混合性難聴)

  ◆学校生活の困難さ

   〇聴覚情報の取入れの困難

     特に複数の人数での話し合いは、唇を読めないので困難

   〇コミュニケーションが取りづらい → そこから生じるメンタル状の問題

      <例>聞き返されると委縮する、聞き返すのが怖い 

  ◆配慮事項

   〇補聴器 〇教室環境の整備(視覚的なてがかり)

   〇ノートテイク(まわりがノートを見せてあげる、またはそのような支援のボランティアなど) 

<テーマ3> 言語障害(構音障害・吃音) 

 構音障害・・・話し言葉の中の特定の音が正しく発音できない、音の誤りが一貫、明瞭度の低下

 吃音・・・連発(ことばが続けて出てしまう) 伸発(ことばが伸びてしまう) 難発(ことばが出ない)

  ◆学校生活での困難さ

   コミュニケーションの困難さ → 自己肯定感の低下

  ◆配慮事項    

    〇話しやすい雰囲気づくり(昔は矯正が中心だったが、今はメンタルとSSTが中心)

   〇発語のない子には、講師の経験上、YES、NOよりも、どちらがいいか行動を選択できるようにする方が良い 

 研修全般としては「~障害の子に関わるではなく、~障害を持つ~君(さん)と関わる」のが大事という、講師の方の言葉が胸に響きました。 また、上郷個別教室GIFTでも、傾斜机を取り入れていこうと思います。

<参考>

 紹介にはありませんでしたが、音声教科書というサポートもあります。NPO法人エッジのホームページをご覧になると利用の申請方法を知ることができます。 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

おサルな パン工房 15 かぼちゃパン(レーズン OR チョコ) [パン]

カボチャパン.JPG
  
 今日は、かぼちゃをまぜ込んだパンにしました。娘はかぼちゃ嫌い。しかし、実家から大きなかぼちゃが夏から2つも届き・・・。1つはどうにか食べましたが・・・もう一つ・・・。そこで1/4ずつレンジでチンして、冷凍庫で保存。そのうちの身の部分をパンに入れました。大好きなチョコを中に入れています。食べてくれ・・・と願いつつ。
 昨日は知らずに知らずにカレーの中に入ったカボチャを食べてくれて、LUCKY。私同様、好き嫌いが多く困ってしまいます。 
 
レシピ> かぼちゃパン ~ レーズン OR チョコ ~
<材料> 強力粉:160g ドライイースト:小さじ1 砂糖:大さじ2 卵:1/2 コ 水:75~90CC
     かぼちゃ:30g バター:20g 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

適応と記憶(情報追加) [教育の小ネタ]

<記憶は適応するためのシステム> 

 放送大学のTV視聴をしていた時、認知心理学で面白い話を伺いました。人間はなぜ記憶するか。それは適応するため。適応した方が生き残れる確率が高いからという、進化の過程と結びついているそうです。この視点に立つとたくさんのことが説明できるそうです。

 例えば、人間は再利用できそうな情報や、以前と似たような状況で起きる情報を記憶しやすい。その方が生き残れる可能性が高いから。ある出来事を目撃した時、その時の詳細な視覚情報より、出来事の意味を記憶する。その方が生き残れる可能性が高いから。情報をバラバラではなく統合(関連付けて)して記憶する。その方が生き残れる可能性が高いから。すごく、スッキリする視点です。

 ここからは私見ですが、これらは、子どもに何かを教えるときに、次の効果の一つの根拠になるのかなと思いました。それは、その子の経験や、すでに身に着けている知識と結びつけながら教える、その子の動機付けを大切にする、一度、学習したことをやりっぱなしにせずに復習する、などです。 教材や教え方を考える時に、この視点を持ちたいと思いました。

 追記 : 意味記憶の階層的ネットワーク

 その後、単語が 生物→鳥→カナリア 生物→魚→サメ のようなカテゴリーでつながるように、(意味)記憶がノートのメモのようにではなく、記憶同士の関連付けの中で(四方八方につながるシナプスのようなイメージ)で存在していると認知心理学では考えると聞きました。これを意味記憶の階層的ネットワークモデルというそうです(放送大学 認知神経科学より)。

 しかも、人物名、動物名、道具名はそれぞれ脳の違う部位(順に、側頭極、側頭下部、側頭下部の後頭部)で処理しているらしいという研究もあるようです。ということは、脳の状況(例えば損傷)で、動物名は覚えられるのに、人物名がどうしても覚えられない人もいるということですね。これらの脳の部位が分かれているのも進化で獲得した能力の過程でしょうか?

 感想、面白い情報等がありましたらぜひ、お寄せください。 

 上郷個別支援教室 内田雄二  yf388755@rc4.so-net.ne.jp 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日は娘の運動会 ビデオに撮るぞ!と張り切ったが [ちょっとお茶でも]

 娘の運動会をビデオに収録しようと、はりきる父! ・・・しかし

 運動会.png

  今日は娘の幼稚園の運動会!娘の姿をビデオカメラに収めたいと思うのが親心。そこで、ビデオカメラを持って、会場の徘徊を始める。

 おっ、準備体操に娘が出てきた、取るぞ!あれっ、向こう向いて整列か。今度は、お遊戯(ダンス)。きちんと位置を確認し、人の群れに紛れ込み、なんとか首と首の間をぬうようにカメラセット。よし、入場してきた。位置はつま先立ちだけど完璧。ところが、そこにまさかの担任の先生が移動してきて、模範演技。わぁ、娘がうつらない。先生、どいて!むなしく先生のダンスだけがクローズアップされていく。ダンスのジャンプするときだけ、もぐらたたきのように娘の顔が一瞬見える。ちょっと先生との時間差で娘の顔の半面だけが、さながらチューチュートレインのように見える。はぁ~。

 今度は、気を取り直して、次の徒競走のスタートラインに向かう。昨年、走る直前にカメラを回したら起動が遅く、スタートダッシュを取り損ねた反省に立ち、今回は娘の組の徒競走をまるごと収録することを決意。場所取りも完璧!ジャマもいない!よし、録画ボタンオン!するとメッセージが。

 「録画メモリーが足りません」

 マジっ。今まで録画したデータを消そうとチェックを始める。しかし、消そうと思うと、その映像に込められた思い出が走馬灯のように蘇ってくる。なかなか消せない。そうこうしている内に、娘の順番が近づいてくる。汗をかきながら、何とか録画スペースを作り、やっと録画に成功!やったあ!そして、気づいた。あれっ、昨年も今年の運動会も娘を肉眼で見ていない(ずっとファインダーごし)。この運動会って果たしてリアルだったのか??・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

先行オーガナイザーと予習の効果の原理 [教育の小ネタ]

 <先行オーガナイザーと予習の効果の秘密>

 放送大学の学力と学習支援の心理学、第6回「習得の授業のデザイン」の中で、面白い話がありました。外からの情報を受け取るという学習を、受容学習と言うそうですが、その学習(本学習)の前に、予備的な短いテキストを与えると、記憶が促進されることが認知心理学で証明されているそうです。それを先行オーガナイザーというそうです。

 例えば、新聞の長い本文の記事を読む時には、見出し文や、リード文を読んでから、本文を読んだ方が読みやすくなり、記憶にも残るそうです。ということは、予習でざっと、次回どんなことをやるのかなと教科書タイトルや図を見ておく程度でも、きっと記憶や理解が促進されるということですね。また、授業をする側の提示の仕方でも、一つの根拠になりそうです。

 そういえば、私は高校で歴史を教えていましたが、いつも人物を教えるときには、最初に肖像画を見せ、ざっと、どんな活躍をした人だったかを話してから、詳しい話をした方が、あとの授業展開の中での生徒の食いつきが良かったような気がします。 

 問い合わせはこちらまで 感想でもうれしいです!

 上郷個別教室GIFT 内田雄二 yf388755@rc4.so-net.ne.jp 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

おサルな パン工房 14 七変化食パン「バラエティーファミリー」 [パン]

妻のパン作りコーナー 

バラエティーファミリー> 家族で楽しめる食パン

バラエティファミリー「食パン」.JPG

 ネットでレーズンたっぷりな食パンを見つけてうっとりしてしまい、翌朝早速作り始めましたが、娘はこれでは食べられないと思い(レーズンが嫌い)、いろいろと巻き込むことにしました。冒頭で七変化と書きましたが、実際は4変化です(笑)。すみません。

 見かけは普通の左の食パン。ところが、切ると、右の写真のように分かれています。上からレーズン、バター、くるみ、ココアです。ココアは娘、バターとくるみは主人、ラムレーズンは私が2/3を食べ、1/3ずつ交換しました。内側のふくらみ上形はうまくできませんでしたが1斤すべて、あっという間に完食でした。(取り分が少ないと怒る娘、完全な誤解)

レシピ> バラエティーファミリー食パン

<材料> 強力粉:250g イースト:小さじ1と1/2 砂糖:大さじ1と1/2 水:60~170cc

     塩:小さじ1 バター:30g ラムレーズン:30g バター(有塩)10g くるみ:20g

     ココア&砂糖:大さじ1つずつ

     ※生地を4分割してそれぞれ広げて巻き込みました。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実例 算数の実践例9 「億以上の位取り」書き込みシート [算数の学習支援]

 「億以上の位取り」書き込みシート

 億以上の位取り.JPG

  先日アップした、「万以上の位取り」書き込みシートに多くの方からのアクセスを頂き、ありがとうございます。億以上のバージョンも追加で掲載いたします。

 憶~兆は、基本小学校4年で習いますが、1憶までは小学校3年でも習うため、一緒に憶や兆まで教える先生もおられるようです。使い方は、いっしょでラミネートして、ホワートボードマーカーを使って書き込みます。 兆以上の位を歌で覚えている生徒もいるようですが、私は知りません。ご存知でしたら、ぜひ情報提供お願いいたします。

また、他にもご家庭で実践されている支援方法など、情報提供頂けたらうれしいです!

  上郷個別教室GIFT 内田雄二   連絡先  yf388755@rc4.so-net.jp 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

支援教材の実例 算数の実践例7 「万以上の位取り」書き込みシート [算数の学習支援]

「万以上の位取り」書き込みシート

 万以上の位取りが苦手な子の支援教材です。今、9月時点で、小学校3年生で習っているところと思いますので掲載します。

 位取り表「千万」まで.JPG

市販されている支援教材集のものを、少し改良したものです。完全オリジナルではなく、恐縮ですが、実用的なので掲載させて頂きました。ラミネートし、ホワイトボードマーカーで何度も書き込めるようにします。この教材を使って、次の3つの練習ができます。

①数字を、各位に分解。<例>千万がいくつ、百万がいくつ、のように

読み方の練習。万までは、まとめて数字を読んだ後、万を読む練習。これが色分けされているので分かりやすい。

 また、例外の読み方も参照できるようにしています。

③漢数字を、英数字に変換する練習。

また、ゼロが入る数字を読むのに混乱する子には、地味ですが、なかなか威力を発揮します。 実際に、これを使って、そのままでは万以上のケタの数字が読めない子も、シートに書き写して読むことができました。

  お問い合わせはこちらまで 感想や、支援方法などの情報もうれしいです!

 上郷個別教室GIFT 内田雄二 yf388755@rc4.so-net.jp 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校