So-net無料ブログ作成

国語の文章読解の苦手さと抽象化 [国語の学習支援]

国語の文章読解の苦手な子がたくさんいます。次の問題を見てください。


<問>つぎの ぶんを よんで きかれて いる ことの こたえを かきましょう


<ぶん> きょう、ぼくは おとうさんと うみへ いきます。


(1)いつ いきますか (2)だれと いきますか (3)どこへ いきますか


ある子に、この問題をやってもらったところ、(1)が分かりませんでした。なぜでしょうか?

実は、この子は「いつ」が「きょう」を指していることが分からなかったのです。この子は「いつ」も「きょう」も言葉の意味は知っています。しかし、この2つが同じカテゴリーに入っていることに気付くためには、意識している、していないに関わらず、それぞれ上位概念(より抽象度の高い)の言葉である「時」に変換しなければなりません。それぞれが「時」を意味していることが分かって、はじめて「いつ」=「時」=「きょう」であることが理解できるわけです。このように、具体的な言葉を、抽象化して比較し、考える力につまづいている子は、学校のテスト問題の設問が指している意図がさっぱり分からない可能性があります。GIFTでは言語理解能力を高めるトレーニングの一環として、この具体ー抽象の変換練習にも取り組んでいます。



   お問い合わせ: 上郷個別教室GIFT <代表>内田雄二

           045-390-0880 yf388755@rc4.so-net.ne.jp


    



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント