So-net無料ブログ作成
検索選択

支援教材の実践例17「文章理解が苦手な子のための絵カード(国語)」 [学習支援]

文章理解絵カード (著作権保護のため、画像を劣化させています)
 
文章の理解「絵カード」.JPG
 
 文章の理解が苦手な子の教材として作成しました。
 
①まず、物語の登場人物(キャラ)を絵で確認します。
②物語をなるべく短くまとめた文章カード(今回は4枚)の1枚目を、子どもに黙読してもらいます。
(音読と内容理解の同時処理は、ワーキングメモリが弱い子には苦手なため)
③支援者が同じ文章カードを音読します。その時に、物語に登場人物が出てくるたびに、その人物の絵を指で指してもらいます。
④次に2枚目のカードについて、同様の作業をします。これを4枚目まで行います
⑤今度は、子どもに絵カード(それぞれ文章カードに対応)を渡し、ストーリーの展開順に並べてもらいます
⑥⑤の作業が難しいようであれば、文章カードを提示し、内容を確認しながら、対応する絵カードを組み合わせていきます。
⑦ストーリーの中から、子どもの理解度や語彙力に合わせて、簡単な質問をします。 
 
 ※教科書からでも作れますが、子どもが好きな話や、マンガから作成すると、取り組みやすいと思います 
 
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: