So-net無料ブログ作成
検索選択

支援教材の実例 算数の実践例 11 九九ゲーム [学習支援]

<九九の学習が進まない子の支援例> 九九ゲーム

九九ゲーム.JPG 

  九九がどうしても覚えられない、そのため意欲も低下している子の支援策として、九九をゲームで覚えるという方法を取りました。ゲームは九九の式と、答えを対にしたカードを作成し、ババ抜きの要領で遊ぶというものです。また、特色として九九を全部覚えるのをやめ、×2、×5、×8のみ覚えることにしました。負担を減らすためです。それをもとに、前後を割り出す作戦です。

<学習の手順>

①九九ゲームで、楽しく遊ぶ(目安は九九の段は3種類ぐらい)

②遊んだ範囲の九九をどれぐらい覚えているか、式と答えを線で結ぶ確認問題をする

③②が慣れたようなら、専用のシートを使って、×2、×5、×8から残りの九九を割り出す練習をする

 この方法で、かけ算の学習が進み始め、現在、2~4の段まで覚えることができました。 

お問い合わせはこちらまで

 上郷個別教室  内田雄二

   yf388755@rc4.so-net.ne.jp

 

 <参考>

 ゲームは学習に有効と考えています。好きなことは覚えるけど、苦手意識があるものはなかなか覚えられないことは誰にでもありますよね。また、強く感情が動いた事柄はいつまでも忘れないものです。これには理由があるようです。

 感情系脳番地は海馬を含む記憶系脳番地のすぐそばにあり、脳科学的にも感情と記憶は連動するようです(脳の教科書より)。ゲームは感情系脳番地の刺激を狙ったものです。実際に、以前、足し算が指を折らないと数えるのが難しい子がいたのですが、友達とトランプをやった時に、勝ちたい気持ちから、何と足し算を暗算でやってのけたことを目の当たりにしたことがあります。まだ人間の脳には隠された力が潜んでいると感じています。 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: