So-net無料ブログ作成

支援教材の実例 算数の実践例 8 アナログ時計の長い針ステップボード [算数の学習支援]

アナログ時計の長い針 ステップボード

 支援教材実践例4の絵カードで、ある程度、時間感覚が出来てきました(カードを見ながら、短い針のセットがほぼできる、一日の流れが順番にはれる。長い針も30分がだいたいセットできるようになったがまだ間違える段階)。そこで、長い針を10分間隔でセットできるよう3ステップのボードを用意し練習することにしました。

<ステップ1> 

時計長い針1.JPG 

 <ステップ2>

 時計長い針2.JPG

 <ステップ3>

時計長い針3.JPG 

 

 

<目標> 長い針を10分間隔でセットできるようにする。まずは時刻を言ったときに、いきなりセットできなくても、10、20、30と数えていけば分かるレベルを目指す。

<ポイント> 視覚、触覚、聴覚を使って覚える。そのため、指で動かしたときに大きな声で、10、20・・・と唱えてもらい、自分の声を耳に残す。 

<結果> 最初に長い針の時刻のセットがうまくできていないことを確認後、ステップ1、ステップ2、ステップ3と進みました。15分程度の練習で、ステップ3で時刻を言うことに成功しました。そこで、50分はどこか聞くと、順番に数えて示すことにも成功しました。

しかし、まだ定着していないので、時間が経つと、アナログ時計の5分間隔の表示にまどわされて数えてしまう傾向があります。また、実際に30分と40分とどちらが時刻が後か、などの細かい感覚はまだだと思います。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0