So-net無料ブログ作成
検索選択

手作りジオボード 「非常に優れたトレーニングツール」 [認知能力トレーニング]

手作りジオボード「非常に優れたトレーニングツール」

 視力空間認知トレーニングのツールとしてメジャーなのが、ジオボード。シートの図形を見ながら、輪ゴムをかけてつないでいきます。購入するとそれなりの値段がしますが、百円ショップで画ビョウ(ダルマピン)と、木板、カラーゴム、発泡スチロール板 で作れます。(メーカーさんゴメンなさい)

ジオボード.JPG 

 

 ジオボードシート.JPG

 さて、ジオボードは点つなぎと似ていますが、実際にトレーニングに使ってみて次の点が、圧倒的に優れていると思います。

(1)視覚と触覚の両方の刺激で、形をとらえていく訓練ができる。特に触覚の刺激が他教具と比べても大きい。

(2)ゴムの伸び縮みによるトレーニング効果が大きい。まず、伸縮の力の変化を指先に感じることで、触覚的に長さをとらえることができるのはジオボードならではの効果。また、視野の狭い子(視覚的、認知的)に体験的に視野を広げる活動を促す。

(3)同じ形を作るにも、ゴムのかけ方も、本数もいろいろ変えられるので、 点つなぎとくらべて方略の選択肢が多い(ゲーム性が高くなる)

ここから先は私の私見ですので、ぜひ、みなさんにご意見を伺いたいです。それは、ジオボードはメタ認知を育てるツールとして優れているのではないかという考察です。

 メタ認知の過程として①プランニング(問題解決の方法を計画)②モニタリング(問題解決の進行を監視、確認)③自己評価(自己の遂行や答えの適切さを評価)④自己コントロール(①~③に基づき、問題解決行動を適切な方向に維持)があります(放送大学、第11回発達心理学概論より)。

 ジオボードはこれらの活動すべてを含んでいます。ジオボード使用の通級などでの報告書を見ていると、視空間認知能力のトレーニング効果が高かった(指導目標達成が予定より早かった)というものがあります。これは視空間認知に加え、このメタ認知能力も育ち、相乗効果を生んだのではないかと推察しています。

  お問い合わせはこちらまで 他にも、感想や、ご家庭でされている支援方法などの情報提供もうれしいです!

  上郷個別教室GIFT 内田雄二  yf388755@rc4.so-net.ne.jp 

 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: