So-net無料ブログ作成
検索選択

脳のワーキングメモリを鍛える!の紹介 [読書レポ]

「脳のワーキングメモリを鍛える」

 トレーシー・アロウエイ ロス・アロウエイ 著 (NHK出版

 脳のワーキングメモリを鍛える.jpg

 <感想>

 ワーキングメモリについての、 最近の研究成果をとてもわかりやすく紹介した本です。ワーキングメモリをトレーニングする効果についてのたくさんの可能性について触れられており、大変ワクワクする内容でした。

 ワーキングメモリがWISCⅣ心理検査でも大きく取り上げられているのに、分かりやすく、実際の教育に応用できる本になかなか出会えません(私は学者ではないので、常にその視点で書籍を探しています。最近、言語性のワーキングメモリのトレーニング本は少しずつ見られるようになりました)。その中で、ワーキングメモリとは情報処理能力であると分かりやすく明言。また、ワーキングメモリがトレーニングによって伸ばせると明言され、その効果についても述べられています。 

 また、ワーキングメモリが学習全般と、人生全般に大きく影響することが理解できます。意外と違う視点で、面白かったのはワーキングメモリと幸福感について相関があるという研究です。アロウィン博士の研究チームの研究によれば、ワーキングメモリが強い人と楽観性には相関性があるということ、ワーキングメモリが強い人は、ウツになりづらいというなどの結果が得られたそうです。

研究者から見たら、賛否両論の意見もありそうな内容もありましたが、同書は、学習という視点からはもちろん、もっと広い視点と多角的な角度から、ワーキングメモリについてどのような研究がなされているのか書かれています。トレーナーとしての私には、たくさんのヒントとインスピレーションを頂けた内容でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: