So-net無料ブログ作成

視覚認知 3 「追従性眼球運動と跳躍性眼球運動のチェック方法」 [認知能力トレーニング]

<追従性眼球運動のチェックとポイント>

 視覚検査3.png

  追従性眼球運動は、対象物に対してゆっくり目で追っていく動きです。この動きがスムーズでないと、本を読んでいるときに文字を飛ばしてしまったり、手先を使う作業や、文字をうまく書けない要因になります。これは指標を1本使って、顔から30~40センチ離して、20センチほどの円を描くようにゆっくり回します(右回りと左回り)。その時に、目の動きの様子や、頭が動かないかなどを見ます。また、迷路を目で追うなども検査に使えます。

 

<跳躍性眼球運動のチェックとポイント> 

 視覚検査4.png

 

 跳躍性眼球運動は、ある1点からある1点までジャンプし焦点を合わせる動きです。この動きがスムーズでないと、文章や数字の行を飛ばしてしまう要因になります。球技などのスポーツにも使われる動きです。これは指標を2つ使います。顔から30~40センチ離して、2本の指標(写真では赤と青)を20センチほど水平に離して構えます。そして赤、青と交互に言って目の動きを見ます。目が曲線に動いていないか、頭が動いていないか。また、ランダムな数字や文字を縦横に読ませる検査方法もあります。

 <お問い合わせはこちらまで>

 yf388755@rc4.so-net.ne.jp 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0